よくあるご質問

相続税の納税方法の相談

相続税の納税は、被相続人が行います。

ここでは、相続税の納税の方法について一般的なQAをいた

します。

相続税の納税の方法でもっと詳しくお知りになりたい方は、

税理士にご相談ください。

もし、お知り合いの税理士がいない場合には、ご紹介いた

します。

  • Q.相続税はいつまでに、どのように納付しなければいけないのですか?
  • Q.分轄払いでも納税できますか?
  • Q.分轄払いでも納税できないときは、どうしたらよいですか?
  • Q.農地の納税猶予があると聞きましたが?

   

Q.相続税はいつまでに、どのように納付しなければいけないのですか?                  

A.相続税は相続を知った日の翌日から10カ月以内に現金で

  一括納付することが原則です。しかし、納税資金が足り

  ない場合には、分割払いで相続税を納める延納制度や、

  現物で納める物納制度を利用することができます。

Q分轄払いでも納税できますか?

A.分轄で納付する延納制度は、有価証券などの売却代金及び

  相続した預貯金、自分の預貯金を使っても一度に納付でき

  ない場合に利用することができます。

  延納の要件は、

  ①税額が10万円を超えていること

  ②金銭で納付することが困難な金額の範囲内であること

  ③延納申請書と必要書類を期限までに提出すること

  ④担保を提供すること

  です。

  また、延納する場合には利子税を納めなければなりません。

 

 

Q分轄払いでも納税できないときは、どうしたらよいですか?

A.延納によっても納められない場合には、現物で納付する

  物納制度を利用することができます。物納できる財産は

  その相続で取得した国内にあるもので、順位が決められ

  ています。

 順位         物納に充てることのできる財産の種類 
第一順位  国債、地方債、不動産、船舶
第二順位  社債、株式、証券投資信託、または貸付信託の受益証券
第三順位   動産
 
 

Q農地の納税猶予があると聞きましたが?

A.農地の猶予納税は農業を保護するために、すぐ納税しなく

  ても良い制度です。

  猶予される税額の計算

  被相続人が農業の用に供していた農地等で、申告期限まで

  に遺産分轄された農地等を相続人が継承して農業を営む

  場合等には、相続税額のうち次の算式で計算した金額の

  納税が猶予されます。

  猶予される相続税額=通常の相続税額ー特例を受ける農地等

  について農業投資価格で計算した相続税額

  農業投資価格は地域ごとに定められており、通常の相続税額

  に比べ相当低く設定されています。価格は国税庁から毎年

  発表されます。