よくあるご質問

遺産分轄協議の相談

  • 遺産分轄協議はいつまでにしなければいけないのですか?
  • 一部の財産だけ先に分割できますか?
  • 遺産分轄協議はやり直せますか?
  • 遺言書と違う内容で分割できますか?
  • 遺産分轄協議がまとまらない場合はどうなりますか?

 

Q.遺産分轄協議はいつまでにしなけらばいけないのですか?                   

A.遺産分轄協議に期限はありません。ただし。相続税の申告

  が必要な場合、分割協議が整わないと「小規模宅地等の評

  価減」や「配偶者に対する相続税額の軽減」など税務上の特

  例をうけられませんので、申告期限までに分割協議を終わら

  せましょう。

Q一部の財産だけ先に分割できますか?

A.一部の財産だけを先に遺産分轄協議することは可能です。

  • 納税のために土地を早く売却したい
  • 預貯金口座のお金を使いたい
  • 農地の納税猶予を受けたい

  などの場合に活用するとよいでしょう。

 

  残りの財産について分割内容が確定したときは、

  • 先に分割した財産を含むすべての財産について遺産分轄

   協議書を作成する

  • 残りの財産についてのみ遺産分轄協議書を作成する

  どちらの方法でも問題はありません。

Q遺産分轄協議はやり直せますか?

A.遺産分轄協議が終了した後で、納得がいかないなどの理由

  で分割協議をやり直すことは民法上可能です。相続人全員

  の合意があればできるという最高裁判所の判決もあります。

  しかし、税務上は問題があります。遺産分轄協議をやり直

  した場合、その相続人の間で増減した財産は、贈与があっ

  たものとされます

  

  例えば、1億円の財産を最初の遺産分轄協議では相続人A

  が7500万円、相続人Bが4500万円を相続したとします。

  その後、相続人Aが5500万円、相続人Bが4500万円を相

  続人するように遺産分轄協議をやり直すと、相続人Bは差

  額の2000万円を相続人Aから贈与されたものとして720万

  円の余分な贈与税が課されてしまいます。

 

  贈与税がかされないように遺産分轄協議は慎重に行ってく

  ださい。

Q.遺言書と違う内容で分割できますか?

A.被相続人に意志である遺言書の内容が最も優先されますが、

  相続人と受遺者全員の合意があれば遺言書の内容にかかわ

  らず、協議により分割することができます。

  ただし、遺言執行者が指定されている場合、執行者には遺言

  に従って遺産を分割する義務がるため、協議による分割を承

  諾してもらう必要があります。

  

Q.遺産分轄協議がまとまらない場合はどうなりますか?

A.分轄が行われるまでは、遺産は相続人全員が法定相続分で

  共有しているものとされます。そのため、不動産等の処分

  や預貯金の利用が制限されます。

  また、相続税の申告が必要な場合に、その申告期限までに

  遺産分轄協議が整わないときは、法定相続分で相続したも

  のとみなして申告しまが、「小規模宅地等の評価減」や「配

  偶者に対する相続税額の軽減」等の特例を受けることができ

  ません。

  このように遺産分轄協議が整わないことによるデメリットは

  大きいので、次のような方法で解決を図っていくことが考え

  られます。

  ①弁護士などに相談する

   専門家からアドバイスをもらうことにより、遺産分轄協議

   がまとまる可能性がります。

  ②家庭裁判所で調停や審判をしてもらう。