遺族補償一時金支給の手続き(労災保険)

遺族補償一時金は、労災で亡くなったときに、遺族補償年金を

受け取る遺族がいない場合や、受給権者がすべて失権した場合

に、給付基礎日額の1,000日分か、すでに支払われた年金や一

時金の合計額が給付基礎日額の1,000日分に満たない場合に、

その差額が支給されます

 

支給要件

※数字は優先順位で、最優先順位にあるものが受給権者となります。

※②と③の優先順位は、子。父母・孫・祖父母の順となり、同順位者が2人以上

 ある場合は全員がそれぞれ受給者となります。


支給金額(平成26年度)

※下段の場合の特別支給金は、遺族補償年金で既に支給している場合には支給されません。


請求手続き