遺族補償年金支給の手続き(労災保険)

サラリーマンなど、会社務めの人が業務・通勤で亡くなった

場合は、その遺族に労災保険(労働者災害補償保険)から

「遺族補償給付」が支払われます。


遺族補償給付には①遺族補償年金と②遺族補償一時金の2種

類があり、それぞれに「遺族特別支給金」と「遺族特別年金

(または遺族特別一時金)」を加えて支給されます。


遺族補償年金の手続き

遺族補償年金は、亡くなった当時、その人の収入によって生計

を維持していた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹が受

け取ることができる年金です。


妻以外の遺族の場合

但し、妻以外の遺族には年齢や障害など一定の要件があります。

下表の「生計を維持していた」とは、その人の収入によって生

計を維持されている必要はなく、いわゆる共稼ぎのように、生

計の一部を維持していれば問題ありません。


また、遺族には亡くなった人の公的年金からも遺族年金が支給

されますが、その場合、労災保険の遺族補償年金が調整されま

す。


請求手続き


支給要件


年金額(平成26年度)

           お問い合わせ

 

次のページへ(よくあるご相談Q&A集)

前のページへ(見支給年金等)

ホームへ戻る