遺族基礎年金(国民年金)

まだ被相続人(故人)が年金の給付を受けていない場合でも、

被相続人が国民年金の被保険者、または老齢基礎年金の受給

資格期間を満たしている人が亡くなった場合には、故人に

よって生計を維持されていた18歳未満の子は「遺族基礎年金」

を受け取るがことできます。

 

<支給要件>

支給要件

老齢基礎年金の受給資格(保険料納付済期間と免除期間が

加入期間の3分の2以上あること)を満たしている人

 対

 象

 者

1.死亡した人によって生計を維持されていた18歳未満

の子(1・2級の心身障害者の場合20歳未満)のいる妻

2.18歳未満の子(1・2級心身障害者の場合20歳未満)※18歳の誕生日後、最初の年度末(3月31日までをいう)

<請求手続き>
請求者 給付対象者                   
請求先 請求者所在地の市区町村役所、年金事務所
申請書類

国民年金遺族基礎年金裁定請求書

添付書類

1.年金手帳 2.戸籍謄本 3.世帯全員の住民票 

4.死亡診断書等 5.子の在学証明書 6.診断書

((1・2級心身障害者の場合20未満の子の場合)

7.振込先金融機関の証明 8.年収を証明する書類

など