会員権の手続き

リゾート会員権の相続手続きは、種類によって異なります。

 

名義変更は、相続人の中から代表者を選び、手続きをします。

会員の死亡を申し出るとリゾート会社から「会員資格相続承認願」

といった書類が送られてきますので、この書類に必要事項を書き

こみます。相続人が複数の場合は、「相続に関する同意書」など

を提出することになります。

添付書類は、「故人が生まれてから死ぬまでの連続した戸籍謄本」

「新しく名義人になる方の印鑑証明書・住民票」、「同意人の印鑑

証明書」といった書類を求められることが多いです。

 

共有制の場合

注意したいのは共有制の場合です。共有制は、そのリゾートの不動産(一部9を所有している形になっているからです、リゾート会社

に対する名義変更手続きのほか」、不動産の移転登記も必要になり

ます。

 

ゴルフ会員権

ゴルフ会員権の場合もリゾート会員権と同じように「相続に関する

同意書」などを提出することにより、名義を書き換えることが可能

になります。またゴルフ場の会員ではない場合は、あわせて入会申し込みをするのが一般的です。

 

売買可能なゴルフ会員権であれば、名義変更手続きをせずに、売る

ことも可能です。

ゴルフ会員権は不要として、相続しない場合は、被相続人がゴルフ

会員権を取得するときに「預り金」を預託しているので、その返還

手続きをします。