公共料金などの手続き

電気やガス、上下水道の公共料金の支払いが金融機関の被相続人

名義口座からの自動引き落としになっている場合は、すみやかに

しを変更する必要があります。

 

口座引落人変更の手続き

電力会社やガス会社、水道局に申し出れば必要書類が送付されて

きます。その書類に、新しく口座引落人になる方の名前や金融

間の登録している印鑑などを押して返送すれば、手続きは終了

します。

 

引き継がない場合

被相続人の携帯電話やインターネットのプロバイダーなどの契約

は、引き継ぐ必要がない場合は、解約手続きをしてください。

死亡日から料金未払いで使用できなくなる間料金を請求されます

ので、早めの手続きが必要です。

 

固定電話の手続き

かってNTTの固定電話に新規加入する場合、7万円もかかる

がありました。固定電話は財産とみなされ、相続による名義変更

には戸籍謄本や印鑑証明などが必要となります。

一方、NTTは将来的には加入権を廃止する方向にあります。

つまり財産でなくなるということです。

これらを勘案して、名義はそのままにしておいて、引き落とし

座だけ変更するという選択肢もありかもしれません。