銀行預金の手続き

市区町村役所に死亡届が提出されると個人名義の預貯金も停止

されるのが一般的です。

市区町村から情報が行くのではなく、金融機関が独自に判断して

いるようです。

金融機関の遺産保全措置がとられるということです。

また、相続の手続きを行うことを金融機関の取引支店窓口に申し

出ると、これ以降、故人の口座は停止されます。

 

手続きに必要な期間

銀行の場合、受付から必要書類などの案内が郵送されてくるまで

およそ1週間、必要書類提出から入金まで1週間かかります。

さらに、必要書類の準備も加わるので、手続きの完了までには、

1カ月はみておいた方が良いでしょう。

 

遺産分割協議書があれば、良いのですが、遺産分割協議書がない

合でも、相続人全員が署名押印したもので、OKになる場合が

あります。

 

戸籍謄本

この場合でも、故人の相続人を確定するために、故人の出生から

亡までの連続した戸籍謄本が必要になります。

故人が転籍(本籍地の移動)している場合は、改製原戸籍が必要

欠で、特に故人が母親の場合は、生まれてから結婚までのものが

必要になるのが一般的です。

また、故人の現在の戸籍謄本には、婚姻などで転籍した人は記載

されていません。そのために、故人の子どもなどで。新しい

戸籍をつくっている人は、自分の現在の戸籍謄本も添付すること

になります。

 

相続書類には、相続人それぞれの自署、実印での押印が必要です。

その際、印鑑証明書も添付しますが、発行より6カ月以内、ある

いは3カ月以内といった条件がつくので、注意が必要です。

また、戸籍謄本は原本を持参しますが、できる限り原本の返却を

てください。

使いまわすことで、手数料の節約になります。