相続手続き(届出)に必要な書類

印鑑登録証明書

被相続人(亡くなった方)の金融機関の口座を解約するなど、

相続の手続きをするために提出する書類には、相続人それぞれ

が印鑑を押印することになります。

但し、印鑑なら何でも良いというわけにはいきません。「実印」

を使用するのが基本です。銀行では必ずといって良いほど「実印」

の押印を求められます。

 

実印とは

実印とはどのようなものでしょうか?市区町村役所が発行する印鑑

証明書、正確には「印鑑登録証明書」の作成を申請するときに使用

した印鑑のことをいいます。

相続手続きなどでは、提出書類に押印した印鑑の印影と印鑑登録

証証明書に押されている印影とは一致していなければなりません。

 

実印は役所に登録が必要

実印は相続ばかりでなく、契約書の作成時などにも使用する大切

なものです。しかし、めったに使う機会のないことから、印鑑登

録証明書の申請をしていない場合もあります。

印鑑登録証明書の申請をしなければ、どんな印鑑も実印とは認め

られません。

 

印鑑登録を事前にすます

実際、印鑑登録証明書を取得していないケースがあります。相続

の発生後にあわてて印鑑登録証明書の申請をするといったことも

頻繁に見受けられます。

なお、実際には、印鑑登録証明書はカード式になっており、必要

なときにカードを登録してある市区町村役所に提出することで、

実印の印影がついた紙の印鑑登録証明書が発行されます。

死後の手続きなどで印鑑登録証明書を提出する際は、「3ヵ月

内のもの」などと指定されるので注意が必要です。  

            お問い合わせ

 

次のページへ(死亡届)       

前のページへ(住民票)

ホームへ