相続手続き(届出)に必要な書類

相続手続きの一番はじめにやることは、相続人の確定をしなけ

ればなりません。誰が、何人が、相続人だかがわからなければ

遺産分割が始まらないのです。

相続人の確定には、被相続人(亡くなった方)の出生から、死亡

までの連続した戸籍謄本が必要になります。

戸籍謄本(全部事項証明)

戸籍謄本は、戸籍の原本をそのまま写したもので、「氏名」

「生年月日」「父母の氏名」など、記載されているすべての

事項を写していることから、「全部事項証明」とも呼ばれます。

に入っている人全員についての記載があります。

 

戸籍抄本は、戸籍に記載されている中で特定の個人についての

写し(個人事項証明)のことです。

 

葬儀後の手続きの場合は、戸籍抄本ではなく、戸籍謄本を求め

られるケースがほとんどです。「全部の事項を記載しているもの、

あるいは全員が記載されている戸籍謄本が欲しい」と言えば、

よいでしょう。

 

但し、必要となる戸籍謄本が1通ですむことはほんんどありま

ん。たとえば、戸籍は夫婦は夫婦とその夫婦と名字を同じく

する子どもで成り立っていますが、子どもも結婚すると、新しい

籍が編成されるからです。

つまり、嫁いだ娘はもとより、本籍を異動していない息子も父

親の戸籍に入っているとは限らないのです。

父親の死亡による相続などでは、相続人、つまり娘や息子それぞれ

の戸籍謄本が必要になります。

 

除籍謄本

一つの戸籍に記載されている全員が死亡や結婚した場合は、

戸籍簿からはずされ、別に保存されます。

 

それを「除籍簿」といい、その写しが「除籍謄本」です。

但し、その戸籍が複数人で構成されている場合、死亡届が

提出された人は「除籍」と記載されますが、金融機関によって

は、それを「除籍簿」と呼ぶこともあるので、事前に確認した

が良いでしょう。