相続手続き(届出)に必要な書類

死亡届(死亡診断書)

臨終後、遺族がまずしなければならないことは、「死亡診断書」の

受け取りです。病院や自宅で亡くなった場合は、臨終に立ち会った

医師や死亡を確認してくれた医師に作成を依頼します。死亡診断書

には医師の記入・署名押印が必要です。

 

交通事故など、不慮の事故死の場合は、死亡診断書ではなく「死体

検案書」の交付を受けます。事故死の場合は、警察の指示により

「検死」を受けるからです。

 

死体検案書の受け取りは、原則3親等までの親族で、それ以外の場

合には委任状が必要になります。

運転免許証や健康保険証など、本人であることを証明することがで

きるものを持参します。

 

「死亡届」の用紙は、死亡診断書と一体になっており、必要事項を

記入し、市区町村役所に提出します。

提出期限は、亡くなったことを知ってから7日以内です。

 

<届出先>

①亡くなった方の本籍地

②亡くなった所の市区町村

③届出人の住所地にある市区町村

 

<届出人>

①同居家族

②同居していない親族

③親族以外の同居人

④家主