相続手続き(届出)に必要な書類

遺産分割協議書1

遺産分割

相続人の間での合意があれば、遺産はどのように分割しても

かまいません。これを協議分割といい、協議分割では法定相続

分に従わなくてもよいのです。

また、遺言書がある場合は、遺言書に従うのが基本ですが、

遺言書があった場合でも、相続人全員が合意すれば、協議分割

ることは可能です。

 

遺産分割協議書

一般的に相続財産の分割協議がまとまったら、遺産分割協議書

を作成します。

マイホームなどの不動産の所有権移転登記では、簡単な遺産

分割協議書の作成ですみます。

銀行預金の処理などは、遺産分割協議書がなくてもできる場合

がありますが、金融機関から求められることが多く、預金の

分割方法だけでも良いので、簡単な書式で作成しておいた方が

良いと思います。

 

遺産分割の方法

■現物分割

「土地と建物は妻に、株式は長男に、預金は長女に」といった

個々の財産を各相続人に割り振ることを「現物分割」といいます。

■換価分割

土地や山林など、割り振ることができない場合は、それを売却

して、その代金を各相続人に割り振る方法を「換価分割」といい

ます。

■代償分割

相続財産のほとんどが望地や工場用地だった場合、それを分割

しては、相続人の中後継者が家業を引き継げなくなってしまい

ます。

このような場合は、主たる相続人(後継者)が自分の財産や金銭

などを提供して、相続分に代えることも可能で、これを「代償

割」といいます。

ご相談・お問い合わせはこちらの電話番号へ

  ☎04-7192-1716

平日 午前9時から午後6時まで

   メールでの相談も承っています