公正証書遺言は、遺言者の希望する内容

を、元裁判官や元検事、弁護士などの、

法務大臣から任命された公証人が遺言書

を作成するので、法的に無効となること

はありません。

また、原本が公証人の手元に20年間保管

される(正本は遺言者本人が保管)ので、

紛失や改ざん、盗難などの心配がりません。

 

また、家庭裁判所の検認を受ける必要もないので、この公正証書

遺言だけで、相続登記などの遺言の内容を実現する手続きをする

ことができます。

したがって、校正証書遺言は、自筆証書遺言や秘密証書遺言に比

べ、普通遺言方式の中で一番安全で確実な遺言といえるのです。

 

但し、手続きが面倒なこと、公証人への依頼費用もかかるという

こと、そして遺言の存在と内容を立ち会った証人たちに知られて

しまうというマイナス面もあります。