公証人により作成された公正証書

遺言には、原本、正本、謄本の3

通があります。

 

公正証書遺言の原本は、公証役場に

保存されます

 

原本は公証役場に無料で保管され、正本と謄本は遺言者本人

に渡されます。

万が一遺言者が正本を紛失しても、再交付を受けることがで

きるので、安心です。

なお、公正証書遺言は、日本公証人連合会の遺言検索システ

ムに登録されているので、全国のどこの公証人役場からでも

照会ができます。

ただし、遺言者の生存中は本人以外閲覧はできません。死亡

後は、利害関係のある人に限り、閲覧や謄本の交付を請求で

きます。

 

不適格な証人を立てると、その遺言は無効になります

 

公正証書遺言の証人になれるのは利害関係のない成人に限ら

れます。したがって、以下に該当する人は、証人となること

ができません。

①未成年

②遺言者の推定相続人

③受遺者(じゅいしゃ)

④②および③の配偶者、直系血族

⑤遺言を作成する公証人の配偶者、4親等内の親族、公証役

 場の職員

⑥被後見人、被保佐人

 

不適格な証人を立てていた場合は、遺言が無効になってしま

うので、注意が必要です。

 

          お問い合わせ

 

次のページへ(自筆証書遺言1)

前のページへ(公正証書遺言2)

ホームへ戻る