■遺言内容の取り消し

 遺言は、年に一度は内容を検討し直すとよいといわれていま

 す。熟慮したつもりでも、自分を取り巻く状況は変わってい

 くものですし、人の心もまた変わっていくものだからです。

 以前に書いた遺言を取り消すには、以下の5つの方法があり

 ます。


①前の遺言を取り消す遺言をする

 一部を取り消すときは、たとえば「平成○年○月○日付遺言中、

 長男△△に□□万円与えるとあるのを、××万円に変更する」

 という遺言を新たに書きます。


②取り消したい遺言を破棄する

 以前に書いた遺言を破り捨てるなり、焼却するなりして破棄し

 ます。(自筆証書遺言の場合)


③以前の遺言と相反する遺言をする

 以前の遺言には「○○は長男△△に与える」とあっても、新し

 い遺言に「○○は次男□□に与える」と書けば、以前の遺言の

 ○○に関する部分は撤回されたことになります。


④遺言者が遺言の内容に反する行為をする

 遺言に「○○の土地は長男△△に与える」とあるのに、遺言者

 がその土地を売却してしまったときは、その遺言を撤回したと

 みなされます。


⑤遺言者が遺贈の目的物を故意に壊す

 たとえば、「○○の壺は長男△△に与える」と遺言してあって

 も、遺言者が故意にその壺を壊したときは、その遺言を撤回し

 たことになります。

 

          お問い合わせ

 

次のページへ(遺言の取り消しと訂正2)

前のページへ(自筆証書遺言2)

ホームへ戻る