公正証書遺言の一部、または全部を書き換えたい、破棄した

 いというときは、公正役場に出かけて、訂正または破棄の

 手続きを行います。

 

 あるいは、たとえば「平成○年○月○日付、××法務局所属

 公証人◇◇作成同年第□□号遺言公正証書による遺言中、長男

 △△に5000万円与えるとあるのを、3000万円に変更する」と

 記した自筆証書遺言を書くことで、遺言の内容を更新します。

 

          お問い合わせ

 

次のページへ(遺言書の記載例)

前のページへ(遺言の取り消しと訂正1)

ホームへ戻る