■遺留分を侵害する遺言

 遺留分は、相続人が無条件で相続できる最低限の割合として

 民法で保障されています。したがって、遺留分を侵害する内

 容の遺言をされた相続人は、遺留分減殺請求をする権利があ

 ります。ただし、その相続人が遺留分の侵害を容認したとき

 には、その遺言はそのままの内容で有効になります。

 

遺言できない事柄

■結婚や離婚に関すること

 結婚や離婚は、当時者双方の合意なくしてはありえないの

 で、一方的に書き残しても法的には無効です

 

■用紙縁組に関すること

 養子縁組、養子縁組の解消は、生存中でないとできません。

 

■解体解剖や臓器移植に関すること

 遺体解剖や臓器移植は、遺族の同意なしにはできません。

 遺族が故人の遺志を尊重して同意すれば、実行されること

 になります。