遺言の内容は、正しく明確に伝わらなければなりません。

 そのため、遺言の作成の方法は法律で定められていて、書

 式に従がわない限りは法的に認められません。

 

 遺言は、大きく分けると普通方式遺言と特別方式遺言に分か

 れます。

 普通方式遺言も特別方式遺言も、遺言を遺すことのできる人

 の年齢は15歳以上と定められています。

 また、ふたり以上の人が連名でひとつの遺言を残す共同遺言

 は無効です。

 

 普通方式遺言

 普通方式遺言は3種類あり、一般的に用いられる遺言方式で

 す。一般的な遺言は、普通方式で作成されます。

 

 なかでも実際に使われる遺言は、ほとんどが自筆証書遺言と

 公正証書遺言です。

 それぞれの長所と短所を比較して、自分に合う方法を選択す

 ることができます。

 

 公正証書遺言以外では、内容不明や書き方の不備などにより、

 遺言が無効になることがあります。

 

 特別方式遺言

 特別方式遺言には2種類あり、病気や事故などで死が間近に

 迫っているような緊急の場合や、感染症病棟内や船舶内など、

 日常生活の環境と隔絶している場合に認められるもので、例

 外的なものと考えてよいでしょう。

 

 もし、遺言内容の確かな書き方が良くわからない場合は、遠

 慮なくお問い合わせください。 

          お問い合わせ

 

次のページへ(公正証書遺言1)

前のページへ(遺言書の効力の範囲(3))

ホームへ戻る