遺言書

 

  遺言者 柏太郎は、本遺言書により次のとおり遺言する。

  

 1.遺言者は、親から引き継いだ事業を、弟 柏次郎と協力して

    発展させてきた。弟 柏次郎の協力がなければ、事業が成功

   することもなかったであろう。よって、その貢献に報いるた

   めにも、弟 柏次郎には、次の財産を相続させる。

  ⑴土地

   所在 千葉県○○市○○町

   地番 ○番○

   地目 宅地

   地積 120.00㎡

  ⑵建物

   所在 千葉県○○市○丁目○番地○

   地番 ○番○

   種類 居宅

   構造 木造 スレート葺1階建

   床面積 52.00㎡


 2.遺言者は、妻 柏花子に次の財産を相続させる。妻 柏花子に

   相続させる財産は、弟 柏次郎に相続させる財産に比べれば少

   ないが、今後の生活を送るには十分な財産である。どうか納得

   してほしい。

   □□銀行□□支店 遺言者名義の定期預金すべて

 

 

  平成○○年○月○日

 

             千葉県○○市○○町○○番○号

                遺言者 柏太郎   印

【解説】

被相続人にはがおらず、親がすでに他界しているような場合には

兄弟姉妹が被相続人の相続人になります。


被相続人には妻、または夫がいる場合の兄弟姉妹の相続分は4分の

1ですので、法定相続分にしたがうと大半は配偶者の方に振り分け

られることになります。


ただ、被相続人によっては兄や妹にもっと多くの財産を遺しておき

たいと思うこともあるでしょう。


その場合、遺言書を作成することで兄弟姉妹に法定相続分以上の財

産を遺すことが可能です。


もっともこの場合でも配偶者には遺留分(4分の1)があることには

注意が必要です。



<ケース>

遺言者の両親が既になくなり、子どもがなく、配偶者と遺言者の弟が

がいる場合

 

  <法定相続分>       <遺産分割方法の指定>

妻   4分の3         妻  金融機関の預貯金

弟    4分の1           弟  土地・建物

            お問い合わせ

 

次のページ (子に財産を遺したくない場合)

前のページへ(親の後妻に財産を遺したい場合)

ホームへ戻る