遺言書

 

  遺言者 柏太郎は、本遺言書により次のとおり遺言する。

  

 1.遺言者長男 柏一郎、長女 松戸春子、次女野田夏子は、

   遺言者が脳卒中を患い、その後の後遺症で、日常生活を

   ひとりではおくれなくなった状態にもかかわらず、見舞

   いはおろか、一切の援助をすることなく今日にいたって

   いる。

   そのため、遺言者は妻 柏花子に財産のすべてを与え、

   長男 柏一郎、長女 松戸春子、次女野田夏子には、

   一切の遺産を残さないものとする。


 2.本遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

   住所 千葉県○○市○○町○○番○号

              行政書士 □□□□

 

  平成○○年○月○日

 

             千葉県○○市○○町○○番○号

                遺言者 柏太郎   印

【解説】

子に財産を遺したくない場合、遺言者に子に財産を与えない旨を

記載することができます。

ただ、遺留分があるので、後々遺留分減殺請求権を行使してくる

可能性が考えられます。


そのため、場合によって遺言で子に遺留分減殺請求をしないよう

に頼む記載が必要になってきます。


また、子が親を虐待するなど、子に著しい非行がある場合には遺

言で子を相続人から排除することによって子の相続権をはく奪す

ることもできます。


<ケース>

遺言者に妻と3人の子どもがいる場合

 

  <法定相続分>       <遺産分割方法の指定>

妻   2分の1         妻  1(全部)

長男   ½×⅓=6分の1     長男  0

長女   ½×⅓=6分の1     長女  0

次女   ½×⅓=6分の1     次女  0

            お問い合わせ

 

次のページへ(特別養子に出した子に財産を遺したい場合)

前のページへ(兄弟姉妹に財産を遺したい場合)

前の段落に戻る(遺言書の記載例)

ホームへ戻る