遺言書

 

  遺言者 柏太郎は、本遺言書により次のとおり遺言する。

  

 1.遺言者の妻 柏花子に次の土地と建物を相続させる。

  ⑴土地

   所 在 千葉県○○市○○町○○丁目

   地 番 ○番○

   地 目 宅地

   地 積 200.00㎡

  ⑵建物

   所 在 千葉県○○市○○町○丁目○番地○

   家屋番号 ○番○

   種 類 居宅

   構 造 木造スレート葺2階建

   床面積 1階 70㎡

       2階 50㎡

 2.遺言者の長男 柏一郎には、○○銀行○○支店遺言者名義

   の定期預金のすべてを相続させる。

 3.遺言者長女 松戸春子には、△△銀行○○支店遺言者名義

   のすべてを相続させる。

 4.養子に出した二男 野田次郎には、次の土地と建物を相続

   させる。

   (土地、建物の表示略)

 5.本遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

   住所 千葉県○○市○○町○○番○号

              行政書士 □□□□

 

  平成○○年○月○日

 

             千葉県○○市○○町○○番○号

                遺言者 柏太郎   印

【解説】

子を養子に出した場合、養子には実父母と養父母の2組の父母

がいることになります。

実父母との法的な親子関係を維持する普通養子と実父母との法的

な親子関係を切断する特別養子の2種類があります。

普通養子の場合、遺言に記載しなくても実父母の財産を養子に

相続させることができるのですが、特別養子の場合、遺言に記載

しないと養子に財産を遺すことができないので注意が必要です。


<ケース>

遺言者に妻と3長男、長女、二男3人の子どもがいて、二男を

特別養子に出した場合

 

  <法定相続分>       <遺産分割方法の指定>

妻   2分の1         妻  指定の土地・建物

長男   ½×½=4分の1     長男 ○○銀行の定期預金

長女   ½×½=4分の1     長女  △△銀行の定期預金0

二男   0            二男  指定の土地・建物

            お問い合わせ

 

前のページへ(子に財産を遺したくない場合)

前の段落に戻る(遺言書の記載(記入)例)

ホームへ戻る