相続人なのに相続人になれない場合

相続人なのに相続人になれない場合があります。

(ややこしいですね)

 

1.相続欠格事由

 ①被相続人または相続について先・同順位の人を殺人または殺人

  未遂罪で処罰された場合。

 ②被相続人の殺害されたことを知って、これを告発・告訴しかっ

  たもの

 ③詐欺・脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、これ

  を取り消し、またこれを変更することを妨げたもの

 ④詐欺・脅迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、こ

  れを取り消させ、またはこれを変更させたもの

 ⑤相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、ま

  たは隠匿したもの

以上のようなことをしたものは、相続人の資格をなくします。

(推理小説か警察ドラマに事件で出てきそうですが、本当に起こる

 から法律で定められているのでしょう。)

 

2、相続人の排除

 排除できる事由としては、被相続人に対して虐待をし、もしくは

 被相続人に重大な侮辱を加えたとき、または推定相続人にその他

 の著しい非行があったときに請求することがせきます。

 相続人の排除は、被相続人の請求によってされます。

 排除できるのは、遺留分を有する推定相続人に限らます。

 兄弟姉妹に対しては、排除請求できません。

 排除するかどうかは家庭裁判所が判断します。

 (近年の老親虐待などは上記のケースに当てはまりそうですね。但

 し、肉親を排除できないのが人情ですし、そもそもこういう法律

 が知ららていないということが問題で、行政はもちろん、行政書

 士はじめ士業のPR不足かもしれません)

 

  

 

ホームへ

 

 

相続手続きのご相談はこちらまで

(メールでも無料相談受付中)

 

 

佐藤和彦 行政書士 柏オフィス

☎ 04-7192-1716